2013年12月30日

1年間お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

最長のご無沙汰となりました。
一部のひとたちからは、もうブログは放棄したんですか?と聞かれたほどです。そんなわけじゃないんですが、ツイッターの便利さと文章の短さが私の忙しさとマッチしたのかもしれません。それにスマホからの投稿もできるので、講演帰りなどちょっと文章つくることもできるのでついついというわけです。
もともと「よくブログ書いてるわね」「どうやって時間をつくってるんですか」と言われたものです。いろいろ原稿を執筆する際、PCの指慣らし兼頭の回転のウォーミングアップのためにブログを書いていたのです。これからは、ツイッターもブログにアップできるようにしようと思いますので、ツイッターとは無縁の皆様にも私のつぶやきを読んでいただけるようになるかもしれません。

この1年は鼎談と対談も含めると、「傷つく人、傷つける人」「愛情という名の支配」(新装改訂)「コミュニケーション断念のすすめ」「ひとりで苦しまないための『痛みの哲学』」「毒婦たち」と5冊の本を上梓することができました。振り返るとずっと締切に追われて苦しい毎日でしたが、年齢を考えると願ってもない幸運だと思います。
また原宿カウンセリングセンターの仕事でも、多くのクライエントとの出会いがあり、カウンセラーとして充実した1年でした。

新しい年もすでに多くの予定が入っており、今年よりもっと忙しくなる予感がしています。朝日カルチャーセンターでの「団塊女性を問い直す」という講座も、好評につき計3回の追加を予定しています。大塚英志さんとの対談も実現しそうで本当に楽しみです。

ブログも精一杯更新するつもりですが、もし滞っていたらツイッターをのぞいてみてください。
皆様もよいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。

投稿者sayoko:23:58 | 日常雑感